観光

4月の小樽はどんな天気?気温や服装なども詳しくチェック!

こんにちは!この記事では、4月に小樽へ訪れる人に向けて、小樽の詳しい天気や服装についてご紹介します。

小樽へ旅行に行こう!って計画を立てている人はいませんか?けれど、どんな気温なのか、どんな天気なのか、服装はどうしたらいいのか、など疑問に思いますよね。
今回は、4月の小樽の天気や気温、服装など詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

4月は寒暖の差が激しい!


小樽は、3月と4月の気温差がかなり激しいです。特に4月は、ポカポカ暖かい日が続いたと思ったら、氷点下近くまで気温が下がって、夜にみぞれが降る(うっすら雪が積もる)なんてこともあります。

3月と違うことは、日中は暖かい日が多いということ。なので、日中に出歩くときの服装は、Tシャツ+パーカー+薄いアウター1枚羽織れば大丈夫です。(※防風素材のウエアがおすすめ)脱いだり着たりできればなお良し!

大体、暖かい日の日中は10~15℃くらいまで上がりますし、寒い日の日中は5℃くらいが多いですよ。

少し心配な人または、寒がりな人は中にフリースとか起毛のパーカーとか防寒の服を着用しても良いでしょう。

天気予報通りになることが多い


冬の天気予報とかはあまりあてにならないんですが、4月は今のところ(2018.4.12)天気予報はあまり外れていません。

むしろ、今日なんて雨が降る時間帯とかピッタリでした。

なので、小樽旅行の日程が決まったら、その1週間前くらいに天気予報をチェックしてください!大体の気温や天気がのっていますよ!

よく利用するのが、iPhoneの最初から入っている「天気」というアプリと、この天気予報サイトです!

天気予報サイト

雨が降る予定のときは、雨雲レーダーを使って、何時くらいに雨が強くなるのかとか調べておくと、観光で外を歩くときに、“傘が良いのかカッパが良いのか”と決めるときに便利ですよ。

小樽雨雲レーダー

ぜひ活用してくださいね。

黄砂や砂埃に注意!


4月に小樽に来る人へ、1番注意してほしいことが黄砂砂埃です。

黄砂は全国各地に飛んできますが、砂埃は雪国ならではなんですよ。

なぜかというと、冬の間に滑り止めとして道路に砂がまかれます。そのときにまいた砂が、雪が溶けて大量に道路に出てくるのです。

そんなときに天気が良い日が続くと濡れてた砂が乾いて、大きい道路や車通りが多い道路は車が走ることで、乾いた砂が舞い上がってしまうのです。かなり悲惨な状況になりますよ。

車で観光するならまだ良いんですが、観光でもっとも歩いて行く人が多い運河近辺は、かなり交通量も多いです。大型トラックとかビュンビュン通っています。なので、小樽の観光地を歩くときは、マスクをつけたほうが良いですよ!

私もこの時期歩いたりするときは、砂埃にやられて鼻水じゅるじゅるになってしまうので、マスクは着用します。

あんまり砂埃の情報がないので、あえてのせますが、この砂埃はそのままではなくて、小樽市の砂埃を清掃する専用の車が、道路の砂を綺麗に取り除いてくれます。

だけど、市内全域が綺麗になるまでには時間がかかるので、この時期は一応念のためにマスクを持ってきてくださいね。

砂埃でアレルギーを引き起こしてしまっては、せっかくの観光旅行も台無しになってしまいます。より楽しく観光できるように、マスクを用意しましょう!

おわりに

今回は4月の小樽の天気やちょうど良い服装などをご紹介しました。寒暖差が激しいですが、比較的日中は温かい日が多いので、薄いアウターで大丈夫ですよ。

心配な人は、厚着をして脱いだり着たりできるようにするとGOOD!あと、歩いて散策するときは、マスクの着用を忘れないようにしてください。

小樽には歴史的建造物がたくさんあるし、美味しい料理がいっぱいあるので、服装など準備万端にして楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

タカマツ ミキ

小樽生まれ、小樽育ちの生粋小樽人。 小樽の魅力を発信していきます。

-観光
-, , , , , ,

© 2020 OTARU CULTURE Powered by AFFINGER5